中国への出張や旅行でも必須になってくるのが海外旅行保険。海外でけがや病気をしたときに保険がなくて実費精算だとどのくらいかかる?クレジットカードで無料で海外旅行保険が付帯されるものもありますが絶対に安易に選んではいけない理由。

 

海外旅行保険付帯のクレジットカードとは?

クレジットカードはお買い物だけではなくてオプションがついているものもたくさん。その中の一つが海外旅行保険が付帯されているもの。例えば【エポスカード】 であればこんな海外旅行保険が付帯されています。

障害死亡 最高500万
障害治療費用 200万
疾病治療費用 270万
賠償責任 2000万
救援者費用 100万
携行品損害 20万
open-1309682_640-1

こういった保険がクレジットカードへ持っているだけでついてくるんです!これはイイですよね。

これがあれば海外の対応している病院へ行ってクレジットカードを見せればキャッシュレスで治療を受けることもできます。わたしも持っていますが初めて中国へ出張・旅行へ行く友達にも申し込むようにおすすめしています。

ただ、

海外旅行保険付きクレジットカードを絶対に安易に選んではいけません!

クレジットカードの規約ってホントに小さーい字で書かれてるんですが、カードを選ぶ時にはこんなポイントに注意を!

Point1 自動付帯かどうかのチェックを!

クレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と、利用付帯があります。それぞれこういう意味。

自動付帯:持っているだけで海外に行けば自動で海外旅行保険が付帯するタイプ。

利用付帯:事前の旅費をそのクレジットカードで支払うことが前提。

つまり飛行機のチケットか、飛行場までのバスのチケットなんかをクレジットカードで支払う必要があります。これを知らずにカードをもっていても海外旅行保険は使えなくなるので注意が必要です!

クレカを選び方の注意点:海外旅行保険自動付帯のもの!

 

Point2 疾病障害治療保険の金額のチェックを!

クレジットカードの海外旅行保険のCMでよく出ている金額で2000万円とか5000万円と出てますよね。ただこれは通院とか入院で保障される金額ではありません。大抵は死亡保障額。普通に旅行へ行って使うのは疾病障害治療保障(通院入院で使える金額)ですよね。カードによって金額に前後があるのでこの金額もチェックが必要です!

海外旅行保険付帯の保証のそれぞれの意味がこちら!

旅行中の事故またはけがが原因で死亡、もしくは後遺障害が残った場合に保証。もちろん旅行以前のけがなどは補償外になります

旅行中に交通事故などでのけが、風邪、盲腸などで入院、外来での治療を受けた場合の補償。長期的な既存の病、糖尿病などはもちろん補償外です

旅行中にほかの人にけがをさせてしまったり、店舗の品物を破損、ホテルの部屋の部品の破損、水没などで賠償責任を負うことになった場合に補償されます。

旅行で持っていた物品。カメラ・時計・携帯などが盗難に遭ったり破損してしまった場合に物品の金額を補償してくれます。

旅行中に手術や長期入院が必要になって、家族などが現地に行くために支出した宿泊費や交通費などが補償されます。

クレカ選び方の注意点:疾病障害治療保障の金額チェック!

Point3 年会費が無料がイイよね。

タイトル通り。もちろんできれば無料がいいよね。有料でいいなら正直ゴールドカードが一番手厚い保証をしてもらえます。

クレカ選び方の注意点:年会費無料!

クレカ選び方の注意点のまとめ

Point1 自動付帯かどうかのチェックを!

Pointo2 疾病障害治療保険の金額のチェックを!

Point3 年会費が無料がイイよね。

そして最後の一見どうしようもなく思えるポイント

カード一枚付属の保証金額が少ない。。。

例えば、

  • エポスカード 270万円
  • JCB EITカード 100万円
  • 三井住友VISAカード 100万円

100万あったらいけるんじゃない?

と思いがちですが、例えば中国で外国人が安心して受信できるレベルの病院で盲腸の手術をした場合、だいたい200万円必要といわれています。

そんなに高いの?と思われがちですが、中国の外国人用の病院はすべて海外旅行保険に入っている前提での価格設定。通訳を常駐したりと簡単な風邪で薬を処方しただけで5万円くらいかかります。

海外旅行保険付帯クレジットカードおすすめの裏技

海外旅行保険2枚か3枚持っておいて、補償金額を合算!

じつは、クレジットカードの海外旅行保険の補償額は合算できるんです!なので保証額が少ないと感じる場合は2枚か3枚持てばOKなんです。なのでPoint3の年会費無料というのが結構大切になってくるんですね。

上記の注意点をクリアしているおすすめクレジットカード

wallet-401080_640-1

もう出していますが上記の注意点をすべてクリアしているクレジットカードがこちらです!

種類 年会費 通院で使える金額 付帯 携行品
【エポスカード】 無料 270万円 自動 20万円
JCB EIT 無料 100万円 自動 20万円
三井住友VISAカード 無料 100万円 自動 20万円
合算すると 無料 370万円    

クレジットカードってホントに山ほどあるんでけど上げた3つのPointを押さえているのは少ないです。3つは面倒だなと思う方は上の二つ、エポスカード(VISA)とJCB EIT(JCB)を押さえておけば、クレジットカードのブランドも替えておけるのでおススメ!

ということで、当ページおすすめのクレジットカード持ち方は

できれば3枚もち。

面倒だなぁと思う方

  1. 【エポスカード】 (保証金額が高い)
  2. JCB EITカード(ブランドをJCBで分ける)

こちらの2枚持ちでカバーできます!

簡単におすすめの3種類のクレジットカードの特徴をご紹介!

この三つのカードに共通なのがこちらのポイント

  1. 年会費無料
  2. キャッシュレス診療ができる
  3. 発行までが早い(最短3日)

 

エポスカード

【エポスカード】 は現時点で色々なクレジットカード比較サイトで1位を例外なく取得しているカードです。年会費無料ながら旅行保険で保障される金額が高いので必ず持っておいた方がいいカード。

医療に特化しているカードで、「緊急アシスタンスサービス」があります。24時間いつでも日本語で医師、病院の紹介。万が一の時の救援車の渡航や宿泊手配を助けてくれるサービスです。

死亡/後遺障害 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品障害 救援者費用
500万 200万 270万 200万 20万 100万


↓ エポスカードお申し込みはこちら ↓

➡ 【エポスカード】 公式サイトで申し込む

 

JCB EITカード

特徴というかクレジットカードのブランドJCBのなかで、年会費無料で保障内容の一番熱いカードです。クレジットカードのブランドは分けておいた方がいいので、ほかのVISAとあわせて一枚JCBを持っていると安心です。

死亡/後遺障害 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品障害 救援者費用
2000万 100万 100万 2000万 20万 100万

 

三井住友VISAカード

誰でも一度は聞いたことのある三井住友VISAカード 。CMが一番に思い浮かびますね。クレジットカードとして確固としたブランドを築いているステータスカードですね。

安全性もほかのカードよりも高くて、顔写真付きのカードが発行できるので盗難や不正利用に強いカードですね。

死亡/後遺障害 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品障害 救援者費用
300万 100万 100万 2000万 20万 150万


↓ 三井住友ビザカードお申し込みはこちら ↓

 三井住友VISAカード お申込はこちら

おススメ海外旅行保険付帯のクレジットカード情報|まとめ

カードを持っているだけで付帯される海外旅行保険。これは持っておいた方がいいアイテムです!特に短期の出張や旅行で使えるクレジットカードをご紹介しました!また参考にしていただけると嬉しいです!

最後の注意点

もちろんクレジットカード付帯の海外旅行保険でカバーしきれない場合もあります。特に費用が発生するのは、飛行機などでの医療搬送が必要になった場合。医療搬送は距離、方法などによって差が出ますが数百万から、多くなると数千万円。緊急性を要する脳梗塞、心筋梗塞などの高齢者層がかかりやすい疾病の場合が半数を超えています。

  • 高齢者で持病、あるいは病歴がある方
  • 医療費が高い国や地域、医療水準が低い地域

これらに該当する場合は、やっぱりクレジットカード付帯だけではなくて有料保険の加入がおすすめです。ご注意ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です