WeChat使い方ガイド|ダウンロードから使いだすまでの全工程【ウェイシン】

WeChat(ウェイシン)は中国版のLINEのような無料のチャットアプリ。利用者7億人を突破している中国ではポピュラーなアプリですが使い方は簡単?WeCha(ウェイシン)をダウンロードしてから使いだすまでの工程をご紹介。LINEにはない便利な機能も満載です。

WeChatとは?

WeChatは日本でいうLINEと同じ無料のチャットアプリ。中国のTencent社から出されているアプリです。中国語名では微信(ウェイシン)といわれています。2011年の1月に中国でサービスを開始しましたが4月から海外向けのWeChatも開始!

実は利用者数だけでいうとWeChatはLINEのはるか上。昨年の時点で7億人を突破したとか。さすが人口の多い中国だけあります。実際に中国で生活していると携帯を持っている人はほぼ全員持っている印象。日本でも同じかもしれませんが、携帯電話の番号を聞かずにWeChatの番号だけを聞くことも多々あります。

日本語版ももちろん出ているので、今後発展していきそうなWeChatの使い方をご説明しようと思います。

WeChatでできること

WeChatでできることはLINEとほぼ同じと考えていいかもしれません。こんな機能がついています。

  • 文字、絵文字メッセージの送受信
  • グループチャット
  • 無料音声、画像通話
  • 写真、動画の共有

こちらは中国国内のみでのサービス。中国ではこういうこともできます。

  • 銀行のカードを登録して買い物の支払い
  • 知り合いへの現金振替
  • 中国版Uberでタクシーの呼び出し

特に支払いで使えるのがとても便利でかなり小さな商店でもWeChatでの支払いが可能です。銀行のカードを登録しておけばそこからすぐに引き落とされるデビッドカードのような使い方が可能です。

では実際にWeChatの使い方を見てみましょう!

 

WeChatの使い方ガイド

ダウンロードして登録

まずは公式サイトからWeChatのアプリをダウンロード。もちろん無料です。こちらのページからApple Store,Android版のアプリのダウンロードが可能です。

WeChatダウンロードページ公式サイトへジャンプ

登録は簡単で、ほかのSNSと同じようにアカウントIDとパスワードを入力すればOKです。

では基本的な使い方から見ていきましょう。

友達をさがす方法

まずは連絡を取るために友達のアカウントを探す方法から。

Wechat友達を探す

画面の右上の+ボタンを押すと上の画像のメニューが出てきます。出てきたメニューから「友人の追加」を選択します。するとこんな画面が出てきます。

Wechat友人を探す画面

友達を探す主な方法がこちら。

  1. 一番上の欄に友達のWeChat IDもしくは携帯電話番号を入力して検索。該当のものが見つかったら追加を押して連絡を取れるように申請。
  2. 「QRコードのスキャン」を選択して友達の携帯電話のQRコードをスキャンして追加。
  3. 「一緒に押す」を選択して、すぐ近くにいる友達に通知を送信する。

このどれかの方法で友達のアカウントを加えると、友達のTOP画面の一番下の連絡先というところに赤い字で数字が出てくるのでそこを押してもらえればチャットをスタートできます。

逆に友達にスキャンしてもらうために自分のQRコードを出す方法がこちら。

自分を友達の連絡先に加えてもらう方法

まずはTOP画面の一番右下にある「本人」というところを押すとこういう画面になります。

WeChat本人の情報

WeChat本人の情報

その画面の一番上の列の右端にあるバーコードのボタンを押すとこちらの画面に切り替わります。

WeChatQRコード

WeChatQRコード

この出てきたQRコードを友達にスキャンしてもらえば自分の連絡先を友達の携帯電話に加えることができます。

連絡に友達のアカウントが加わったら実際にメッセージを送ってみましょう。

ウェイシンでメッセージを送る方法

メッセージを送る方法もシンプル。TOP画面の一番下に「連絡先」というボタンがあるのでそこを押して一覧の中から連絡を取りたい友達のアカウントを選択するとこういう画面になります。

IMG_1242

この画面はすでにメッセージを何件か送付した画面です。一番下の白い空欄を押すと文字を入力するキーボードが出てくるのでそこへ入力して送信ボタンを押せばそのまま送付されます。このあたりはLINEと同じ使い方ですね。そして送信できるのは文字情報だけではありません。右下の+ボタンを押すとこういう選択肢のバーが出てきます。

IMG_1235

送信できる種類がこちらです。

  • 画像:携帯に保存されている画像、もしくはカメラを起動して画像を取って送信できます。
  • 動画:動画も容量の制限がありますが送信できます。
  • 動画呼び出し:ビデオチャット、もしくは音声通話も可能。
  • 場所:自分が今いる場所や地図の指定した場所を送信できます。
  • 連絡先カード:自分の携帯に保存されているWeChatの連絡先を共有できます。
  • スタンプ
IMG_1234

ラインと同じようにスタンプを送信できます。好きなものを購入することもできるし無料のものから選択することも可能。

送信方法も簡単なのでLINEをこれまで使ってきた人ならそのままスムーズに始められそう。

WeChatの地味にうれしい機能:

LINEで賛否両論な「既読」の表示がWeChatにはありません。個人的にはない方が気が楽で好き。

友達のモーメンツを見る方法

「モーメンツ」とはLINEでいうタイムラインのようなもの。自分のホームページのような空間があって、そこへ画像やメッセージを載せていくことができます。友達のモーメントを見る方法がこちら。

TOP画面の一番下の列にある「発見」という部分を押すとこの画面になります。

IMG_1233

一番上に出ているもーメンツというところを押すとこんな感じで日付順に連絡先に登録している友人のアップしている写真やメッセージを見ることができます。

IMG_1231

 

WeChatの基本的な使い方を説明しました。メッセージの送信方法なんかはとても簡単なので初めて使う方もすぐにスタートできるはず。現時点で日本で利用している方はあまり多くないかもしれませんが、中国人の友達ができたらWeChatを使っての連絡がベター。外国人のアップしているタイムラインを見ると結構面白くてオススメですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です