世界一高いと噂の中国スターバックスへ潜入してみた

中国のスターバックスの値段は世界一高いらしいけど味は同じ?中国のスターバックスの価格が本当に高いのかみてみたので結果をご紹介します。店内の様子も写真でご紹介!

中国のスターバックスのメニュー価格表

先ずは本当に高いのかメニューの一部がこちら。小中大と順番に書いてます。

  • カプチーノ 27元 30元 33元
  • モカ 30元 33元 36元
  • アメリカン 22元 25元 28元
  • キャラメルマキアート 31元 34元 37元

確かに高い!一元17円で計算すると一番安いアメリカンのショートでもだいたい350円です。アメリカのスタバと比べると約1.5倍らしい。他の報道ではアジアの利益率はヨーロッパの16倍という情報も出ていました。

そのアジアの中でも中国は特別高い価格設定になっているようです。ちなみに22元で中国で買えるのがこちら。

  • 500mlのペットボトルの水 11本
  • チャーハン 2杯

こう考えると地元の中国人から見てもコーヒー一杯の価格設定がかなり高めに設定されていることが分かりますよね。

中国スタバの店内の様子

IMG_1260IMG_1259

店内の様子は日本のスタバとほぼ同じ。椅子も座り心地がいいし、無料のWIFIもあるし長時間パソコンを広げて居座っている人も多いです。音楽も中国っぽくないカフェミュージック出て居心地はかなりいい。旅行や出張中のちょっと静かで落ち着いた空間で過ごしたい方にとてもオススメのスポットです。

値段が高いだけあってスタバに来ているお客さんもお金持ちっぽい人ばかり。ケンタッキーとかマクドナルドほどではないですが、何も頼まずに座っている人もちらほらいます。でもかなり少ないです。やっぱり高いから遠慮するのかな。

コーヒーの味は同じ?

同じです。(多分)作ってるところが見れるようになってるのでみてたんですけど同じような機械でつくってました。

スターバックスも中国の大都市の中心部であれば結構目にすることが多くなってきました。観光地にも必ずあるので旅行で行けば見ることもあるはず。中国っぽさがないので、中国の喧騒に疲れた時にホッと一息つけるオススメのスポットです。ちょっと高いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です