シャオミを1年使ったレビュー|中国スマホは絶対買わない方がいい?【紅米2】

 

シャオミのスマホを買って1年たったのでレビュー。中国スマホは安いだけで買わない方がいい?性能はどうかを徹底レビュー。実際使ってみて2代目を買おうと思うか評価!

 

 

シャオミ製品のラインナップ

シャオミは中国初のスマホメーカー。日本でもかなり知名度が上がってきました。国内だけではなくてインドなんかでも販売開始していて今乗りに乗っているスマホブランドです。

シャオミ(小米)の携帯電話大きく分けると2種類。小米と紅米です。英語での表記だと「MiPhones」と「RedPhones」になってましたね。

最新製品の画像がこちらですが、かなりIphoneに寄せてきているのがわかります。。。ただOSはもちろんAndroid。

redmi
mi5

シャオミ(小米)は1000元以上で性能が高め、ホンミ(紅米)は1000元以下で性能が少し低めの普及機となっています。

今の若者はお金持ちはIphoneを。お金がない、もしくは携帯にそれほどこだわりがなくて安く抑えたい、という層から選ばれています。

 

 

ホンミ2(紅米2)のレビュー

今回買ってみたのが紅米2。価格は600元と格安です。

主なスペックがこちら

  • RAM1GBクアッドコア 
  • ストレージ16G(増強版)
  • 4.7インチディスプレイ(1280×720)
  • 電池容量:2200mAh
  • メインカメラ800万画素 サブカメラ200万画素
  • デュアルSIMスロット
  • 4G対応

 外観の写真がこちらです。材質はマットな感じのプラスチック。安っぽさは若干あるけど十分なレベルです。そしてかなり軽いです。Iphone5くらい。

シャオミ外観
シャオミ裏側

 

処理能力はどう?

1年使ってきましたがここまでは故障もなく順調に使えています

用途としては電話、メール、WeChat、土豆で動画を落として閲覧、地図検索、中国版Uberでタクシーを呼ぶ、ネット検索といったところ。

この用途ではストレスなくサクサクと動きます。途中でフリーズしたりといったことはこれまでほぼありません。かなり優秀だと思います。あまり複雑なことをしていないというのもありますが。

ネット速度も4G対応なので中国での利用では問題ありません。WeChatとかタクシーを呼ぶディディダーチャーなんかもサクサク動作してくれます。通話メールなんかももちろんOK.

 

 

シャオミスマホどんなひとにおすすめ?

携帯としてだけ使う人

なんだかよくわからない表現になってしまいましたが、僕は別でIpadを持っています。それで予定管理、家でのネットサーフィンをしているので、携帯では、通話、SNS、外出先でのホントにちょっとした調べものくらいの用途でした。

こういう使い方の人にはかなりおすすめ。ただこの携帯一台で家でもネットサーフィンとかゲームとかをするのはきついかな。

シャオミ内容
ディディダーチャー
シャオミ通話

 

 

小米製品次も買いたい?

今回購入したのがシャオミの中の一番安くて低いスペックのものだったんですが、かなり優秀で問題なく使えました!ホンミではなくてシャオミならもっと複雑な作業をしても問題ないと思います。

この使い方ができるものが600元で買えるというのは驚きですね。中国スマホはすぐ壊れる、使えないというイメージがあったんですが、いい意味で裏切られてよかったです。値段を考えるとまた買ってもいいなと思える製品でした。

ただAndroidOSなのがちょっと

これはシャオミとか中国スマホと全く関係ない部分ですけど、OSがAndroidなのがちょっとね。Ipadも使っているのでアプリとか同期のことを考えるとIphoneがやっぱりいいかな。高いけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です