【中国列車移動ガイド】チケット予約前に絶対に見てほしい情報

 

中国国内は結構列車でのアクセスが充実していてどれだけ遠くても列車で移動することができます。広大な土地があるので移動時間24時間なんていうのはざら。中国で列車予約に必要な中国語もご紹介します。

 

 

中国列車チケットの種類

列車のチケットを予約しようとするといろいろと座席の種類があって戸惑います。

今回乗ったのはその中の「硬卧」 直訳すると硬いベッドという意味ですが実際は固くないのでご安心を。写真がこちら。

 

rimg0276
rimg0282

 

横幅は男性が横になってもすこし余裕があるくらいの幅が用意されています。部屋で分かれていて、一部屋に三段ベッドが二列あって中央に少しスペースが用意されています。

 

チケットのほかの種類

他にある種類がこちら

软卧=柔らかいベッドという意味で、写真のものよりもっと広くて余裕のあるベッドが用意されています。一部屋で4人ずつでベッドももっと柔らかいです。

もう一つのポイントはこのクラスとほかのクラスが列車が別になっていて行き来できないようになっているということ。人口密度が低いので朝のトイレなんかの人数が少なくてちょっと優雅に暮らすことができます。ちなみに朝の洗面所の様子がこちら。結構並んでいます。

rimg0278

 

软座=柔らかい椅子。という意味ですが、こちらはベッドではなくて一般的な椅子のタイプとなります。新幹線とまではいかないですが少しリクライニングできる椅子。友達が24時間この椅子で移動していましたがかなり体力を消耗していました。12時間以内の移動での利用をお勧めします。

 

硬座=硬い椅子。こちらも椅子ですが完全にリクライニングできない狭めの椅子になっています。6時間以内の移動での利用をおすすめ。中国本土の空気を味わいたい!という方におすすめします。

 

无座=こちらまさかの座席なし。座席内なら予約さすなよ!と思いますが人が多すぎるんでしょう。座席がなくても売ってしまいます。値段も格段に安いです。座席がないならどこにいるの?と思いますが、席の間の通路やトイレの前などで体育座りしてます。これで24時間移動したりするからすごいですよね。

 

 

ベッドタイプを予約するときは上の段の予約を!!

予約するときは絶対1段目を取らないほうがいいです。なぜかというとベッドタイプの席でも昼間はみんなベッドに上がらずに1段目のベッドで座って過ごすから。なので昼間にちょっと寝たいなーと思っても1段目の人は寝れません。

しかもなんだかよくわからない人が自分のベッドで座っているのも嫌ですよね。値段の差もほぼないので予約するときは二段目か三段目をお勧めします。

 

 

中国列車の旅を楽しむ方法

列車旅行は日本の列車旅行とちょっとちがうかも。そもそも人と人との距離が近めの中国人。硬卧なんかで一部屋で6人過ごすわけなので全く一人で過ごすのは不可能。だいたい同じ部屋の人とおしゃべりして過ごします。おばちゃんがミカンくれたり、どこから来たの?って話しかけられたりするので、そういう人とおしゃべりして楽しく過ごしましょう。

これまで数回列車で移動しましたが、同じ部屋になった人は結構いい人たちで楽しく過ごせました。

もちろん中国にも内向的なタイプの人もいるのであんまり話さずに一人で過ごしている人もいますが。。。