広東省名物料理腸粉を食す!見かけは腸?鼻水?

中国広東省の名物料理、腸粉を食べてみました。見かけが独特だけど味はかなり好みでした!ジャンクフードが好きな人には絶対試してほしいオススメ料理です。

広東省のソウルフード、腸粉を食す!

見かけがかなり独特な料理。画像がこちらです。

右側のが腸粉で左側がおかゆですね。見かけが動物の腸みたいだから腸粉といわれています。ただ中国北部の人によっては、「なんじゃこの鼻水みたいなんわ!」とのこと。確かにじゅるじゅるでぽくもあります。

腸粉はどんな料理?

百度百貨によると、腸粉は広東省、広西省の名物料理。米粉を使って作られた料理で、中に豚肉や牛肉、野菜など挟んで調理します。大衆の朝食や夜食として愛されているソウルフード。醤油や唐辛子をかけていただきます。

腸粉の味は?

味は、すごくおいしい!日本人に合う味だと思います。触感はもちもち、ちゅるちゅる。お餅ほどのもちもち感ではなくて、米粉ならではの触感が面白い料理。上にかける醤油は甘めでまたおいしい!

奥さんは、「そんなにおいしい?」っていう感じでしたけどわたし的にはかなりツボな料理。友達の広東生まれの兄さんもかなり好きなようでした。ジャンクフードが好きな男性、子どもに特に好まれてそうな料理でした。

·今回行ったのはこちらのお店。

全国で90店舗を超えるチェーン店のようでお店もなかなか清潔で落ち着いて食べられるので、初めての中国の方も気軽には入れそうでおすすめす。

北京で数年暮らしてたんですけど、深センに来て初めて見た料理でした。中華料理は地域によって味とメニューが全然違って奥が深いです。これからも新しい中華料理を見つけたらご紹介します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です