中国でH7N9鳥インフルエンザ報告|2月24日までの11日間で7名が死亡

H7N9鳥インフルエンザ

中国でH7N9鳥インフルエンザが増加している模様。2017年2月13日から23日までの11日間で35人が感染、7人が死亡。引き続き警戒を高める必要があります。

中国でH7N9鳥インフルエンザの被害者が引き続き増加

中国中新網では国家衛生委員会からの情報で、今年2017年は中国国内でH7N9鳥インフルエンザの被害者が引き続き増加していると伝えています。2月24日までの11日間の累計で病例が35件、そのうち7名が死亡しています。

特に危険なのは活きた鶏に接触する機会がある市場や鶏肉を扱う食品加工工場など。政府は発熱や呼吸器に違和感がある場合はマスクを着用して早急に病院へ行くよう勧めています。

中国国内在住の方は引き続きご注意を!

 

H7N9鳥インフルエンザ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です