中国郑州で目玉焼きが焼けるほど高熱なマンホールが発見される

2017年2月22日の夜に中国郑州で高熱なマンホールが発見されました。その熱さ何と目玉焼きが焼けるくらい!原因はなに?

高熱マンホール発見!?

雨水を通す水道管のマンホールの穴から熱気が高さ2メートルまで立ち上っているのを地元の人が発見しました。しかもその熱気の温度が相当高い!

そしてその熱さを測るために卵を近所の商店まで買いに走ったとのこと。なんてエンターテイメントな人なんだ!そして卵を割っておくと5分で目玉焼きが出来上がり。温度は約70度くらいになっていたそうです。その画像がこちら。

Screenshot (65)

出来上がっていますね、目玉焼き。ここまで高熱になるのはもちろん異常。原因は何?

マンホールが高熱化した原因は何?

この道のすぐ隣に供熱会社があったようです。まだ原因は不明ですがおそらくその水道管が原因では?といわれています。

供熱会社とは?

中国北部は供暖といってマンション全体を温める暖房装置があります。方法はマンション中に熱湯が通った管が張り巡らされていて、その熱気で温めるというもの。その熱湯を提供してくれるのが供熱会社です。その管の熱気がマンホールに伝わった可能性が高い模様。

中国ネット民の反応

  • 私も他の場所でみたことあるよ!
  • 供熱から出てすぐのお湯は100度近いからこれはありえる。
  • さすがにこのマンホールは盗めんわ

なぜかマンホール泥棒の人からもコメントが寄せられてました。。。

参照: 中国新闻网