【中国語講座】10年勉強して最後に残ったおすすめ文法参考書

 

中国語レッスンの参考書がたくさんあってどれを選べばいいかわからない!という方に見てほしいページ。10年間独学で中国語を勉強してきて文法書で初心者のころから今までずっと使い続けているおすすめ教材をご紹介します。

 

 

中国語の文法は難しい?

結論:簡単です。

勉強し始めた人がみると、「またまたー」と思うかもしれませんが結論はとっても簡単です。

もちろん勉強しなくていいわけではないですが英語なんかに比べるとすごく簡単でシンプル。理由がこちら。

動詞の変化がない

英語のように動詞が過去形、未来形などに変化することはありません。全部同じです。なので単語を覚える量が圧倒的に少ない!

じゃあどうやって過去の話か未来の話か見分けるの?

結論:文脈で判断します。

今日は、から始まれば現在。昨日は、で始めれば過去という形で判断します。はじめはこんなのでコミュニケーションできるのか?と半信半疑ですが初めて見ると全く問題ないです。

なので文法を勉強するためにとても複雑な本を何冊も読んで考察を深めるといった必要はありません。おすすめがこちらです。

 

 

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

 

文法書はこの一冊だけで大丈夫!と胸を張って言える参考書です。実際この10年間いろいろとみてきたけど最後に残って最後まで役立ったのがこの一冊でした。

 

おすすめポイント1 初心者から上級者まで網羅

目次なんかは上のリンクから見れますが、中国語の文法の初歩、発音から、応用まですべてを網羅しています。

 

おすすめポイント2 説明がわかりやすい

説明もわかりやすくて著者の相原先生は中国語学習会では超有名人です。間に入っている絵なんかも最近の教科書のような華やかさはないんですけどすごくわかりやすいです。

 

おすすめポイント3 間に入っているテスト問題がいい

各単元の最後にテストが入っています。意外に中国語の文法問題集が多くないんですが、これ一冊でそれもカバーできる優れものです。

 

 

まとめ

中国語を10年間勉強してきておすすめできる一冊のご紹介でした。興味のある方はまたごらんください!