北京在住7年が選ぶ日本人に一番おすすめのレストラン

 

北京観光に来てどんなレストランにいこうかなーとお迷いの方に胸を張っておすすめできるレストランをご紹介!北京で7年生活して数十人の日本人ゲストをもてなしてきて一番喜ばれたおすすめのレストラン情報をご紹介します!

 

 

北京で日本観光客に一番おすすめのレストラン

 

北京は中国首都だけあってレストランの種類もとっても豊富。日本から観光で行って限られた食事のチャンスにどこへ行くか迷うものです。そんな方に胸を張っておすすめできるレストランがあるんです!

それが『大宅門』(ダージャイメン) dscn0544

ここは簡単に言うとおいしい中華料理を食べながら中華エンターテイメントをじかに見られるスポット!

これまで数十人の日本人ゲストをもてなしてきましたが、どんな観光スポットへ行っても最後に聞くとこのレストランが一番楽しかったという結論になります。

 

おすすめポイント1 ショーの長さがちょうどいい

レストランの中央にステージがあってそこで中華エンターテイメントの縮小版をテンポよく見ることができます。例えばこんなもの。

 

dscn0546

 

中国といえば京劇。京劇の歌の一部をじかに歌って聞かせてくれます。そこでの問題が「本物の京劇は長いし何言ってるかわからない」ということ。

これまで見た中で京劇の後半眠りにつく人の確率は50パーセントです。すばらしいものだけど長いからしょうがないよね。。。

 

でも『大宅門』だと時間がコンパクトに20分くらいにまとめられているからちょうどいい!出てきて、おおー!と思って写真撮ってると10分くらいたって、後半10分はご飯食べながら楽しむくらいがちょうどいいです。

 

おすすめポイント2 ショーの種類がおおい!

京劇だけではなくて、いろんなショーが見られます。しかも毎回演目が違うので連れて行くほうも飽きずにみられます。

簡単な中華雑技団の演目。

写真では大きなかめを足で操っています。

dscn0556

お客さんがかめに入って写真を撮れたりなどなど。

dscn0558

他にも写真はないですが数十本のフラフープを回したり皿回しを同時に何十個もしたり、刀の上を歩いたりなどなど。

こちらも大体20分くらいで終わるからそれもおすすめ。

 

おすすめポイント3 料理が外国人向けでおいしい!

ここでは中華料理を食べられますがどれも外国人向けでおいしいです。実際お客さんの半分ぐらいは外国人。欧米系の人が多いですね。ビールが無くなったら店員さんがついでくれる感じのお店です。

dscn0543

 

まとめ

今回おすすめしたのが『大宅門』場所がこちらです。

北京朝阳区惠新北里3号楼近惠新西街、千鹤家园西南、富盛大厦西北

チェーン店で北京に数か所あるんですが行く前に予約しておくと間違いないです日本から旅行で行く方、中国で日本人をもてなす方両方が楽しめるおすすめレストラン情報でした。